アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーは、簡単にステップアップが狙えるレベルの資格です。それなりのテクニックや知識は必須ですが、何度か海に潜った経験のある人ならば、最短は2日で取得できます。もっとダイビングの幅を広げて、冒険的な潜水を楽しみたい人には、おすすめの資格です。ぜひ取得を狙ってみてくださいね。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーとは

水深30メートルから40メートルまで潜ることのできる資格です。海は深く潜れば潜るほど危険も多くなるため、事故を防ぐためにも、その水深までダイブするにはこの資格の取得が必須となっています。Cカードを持っているものなら、12歳以上であれば誰でもチャレンジできます。水中撮影や魚の観察などに興味がある人は、しっかりと訓練を積んでアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーの資格を取ることが理想的です。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーになるためには

この資格を取るためには、PADIの定めたさまざまなシチュエーションでのアドバンスド・ダイブのうち、5種類を経験する必要があります。水中ナビゲーション、ディープ・ダイブ、水中写真ダイブ、ナイト・ダイブ、ドライスーツ・ダイブ、サーチ&リカバリー・ダイブなどの種類があり、このうち水中ナビゲーションとディープ・ダイブが必須項目となっています。講習自体も興味のある人には遊び感覚で楽しめる内容のようです。

もし興味が向けば・・・

アドバンスド・ダイブのいくつかの項目は、スペシャル・ダイバーの講習とも重なります。さらなるステップアップを考えるなら、このライセンスの取得に照準を合わせても良いでしょう。よりスリリングで自由なダイビングを楽しむことができます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年4月6日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビングライセンスの種類~PADI編~

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ