Cカードは運転免許証のように更新の必要があるのでしょうか?

Cカードは基本的に更新の必要はありません。最初に受けたときから半永久的に使い続けることができます。紛失などにだけ気をつけて、大事に管理してください。Cカードはいわば、ダイビングの免許証です。悪用されることは少ないかもしれませんが、それでも一応個人情報の一部には入ります。またCカードがなければ、お店で船を出してもらうことも難しくなります。財布などと同じように「貴重品」という意識を持って保管しましょう。

久々のダイブのときは・・・

もしCカードを取得してから長時間海に潜ることなく(ダイバーのログにも記録がつかない期間があって)、久しぶりに潜るというときには、場合によってはスキルチェックを受けなければなりません。Cカードを取得したときに覚えた知識が残っているか、指導団体から確認されるわけです。これが「更新」の変形であるとも言えるかもしれませんね。

もちろんスキルチェックでは、難しい内容は要求されません。講習で習ったことを思い出しながら、水に自分の体を慣れさせるつもりで、リラックスして受ければ良いでしょう。結果が悪かったからといってCカードを剥奪されたりすることもありません。

マナーを守ってダイビングを!

Cカードが取り上げられることは、まずないと考えておいていいでしょう。しかしダイバーとしてのマナーが悪い場合は、指導団体から注意を受ける可能性もあります。注意された回数が蓄積すると、あるいはCカードの効力が停止されたり、剥奪されたりすることもあるかもしれません。海の中も、立派なひとつの「社会」です。他のダイバーやインストラクター、環境への配慮を持って、安全に行儀良くダイビングを楽しみましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年3月10日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A ライセンスの疑問

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ