海洋講習の進め方と注意点

海洋講習は、別名オープン・ウォーター・ダイブとも呼ばれます。いくつかのセクションに分かれて、学科講習で習ったこととプール講習で身につけたスキルを、順序良く実践していくことになります。これまでの積み重ねが問われる講習といえるでしょう。

海洋講習においては、「楽しむ心」もとても重要な要素となります。せっかく海に出たのですから、海中散歩や生物の観察も、思い切り味わってしまいましょう。もちろん夢中になるあまり、インストラクターの指示を無視するなどの危険な行動は禁物ですよ。

海洋講習の進め方

海洋講習では、海に出る前にまずDVDで基本的なダイビングの課程を確認することになります。予備知識をしっかりとつけて、水中でパニックにならないように気をつけましょう。講習中は、インストラクターがまず手本を見せて、それを模倣する形でスキルを試していきます。いきなり高度なテクニックを要求されることはありません。インストラクターは水中でもしっかりとサポートしてくれますから、安心して行動してください。

船に戻った後は、インストラクターを中心にして講習の内容を振り返り、さまざまなアドバイスを受けることになります。反省すべきところは反省し、できたところは素直に喜んで、アフターダイビングも存分に楽しんでしまいましょう。

海洋講習の注意点

海はプールと違って、コンディションにより非常に危険な場所に変わります。スクールでは海の状態がいい日を選んで日程を組むようにしていますが、天候などの状態で当日やむを得ず中止となる場合もありますから、その点はしっかりと頭に入れておきましょう。

講習で海の世界に触れれば、きっとライセンス取得へのモチベーションも高まります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年3月5日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビングスクールの講習内容

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ