マスター・スクーバ・ダイバー

マスター・スクーバ・ダイバーはアマチュアのダイビングライセンスの中では、最高峰のものです。個人的な範囲内でダイビングを楽しむ人の多くが、このライセンスの取得を目指してテクニックを磨いています。取得するためには、相応の体験と知識が必要です。しかしマスター・スクーバ・ダイバーになれば初心者ダイバーからのリスペクトを受けることができ、指導する立場に回ることができます。充実感を得ることのできるライセンスです。興味のある人は、ぜひともこの資格の取得に向けて努力してみてくださいね。

マスター・スクーバ・ダイバーになるには

このライセンスを取得するためには、PADIのアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、さらにPADIレスキュー・ダイバーの認定を受けている必要があります。また5種類以上のPADIスペシャルティ資格を持っていることも条件となります。またダイバーが管理するログブックに、50ダイブ以上のダイビングが記録されていなくてはなりません。アマチュアとしてそれなりに経験を積む必要があるわけです。

講習の必要はなし!

マスター・スクーバ・ダイバーは、特に講習を受ける必要はありません。専門的な知識やテクニックをそれ以上上積みすることなく、上記の条件を満たしている人が申請すれば必ずライセンスを取得することができます。特に実際的な意味があるわけではなく、ダイバーとしての経験を表彰するために作られたライセンスのようです。

せっかくダイビングを楽しむなら、とことんスキルを追及して、アマチュアのトップに立ちたいものです。着々と経験を重ねれば、確実に取得できるライセンスです。マスター・スクーバ・ダイバーになって、ちょっぴり優越感に浸るのも悪くありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年3月7日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビングライセンスの種類~PADI編~

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ