マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー

マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーは、PADIの定めるインストラクターのライセンスの中でも、かなり上位に位置する資格です。取得は容易ではありません。ダイビングの経験ももちろん、専門的な知識にも深く通じ、これまでの指導経験も要求されることになります。しかしその分、高給には期待できる仕事です。ダイビングを愛してやまない人ならば、きっと厳しい条件もクリアして、見事資格を取得できることでしょう。

マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーは、とても責任感のある仕事です。他のインストラクターと違って、強烈なリーダーシップが求められます。ただし、ダイバーからの信頼やリスペクトも厚く、仕事には意欲を持って取り組めるはずです。

マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーになるためには

このライセンスを取ってPADIの教育機関で働くためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。まず、5種類以上のスペシャルティ分野において、PADIスペシャルティ・インストラクターの認定を受けていること。それから、現在までに25名以上のPADIダイバーを養成していること。さらに、ライセンスを更新済みのPADIのオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターでなくてはなりません。

しかし以上の条件さえクリアしていれば、申請用紙に記入してPADIに申し込むだけで取得することができます。プロ級の技術を持つアマチュアの人でも、順調にステップアップすれば、取得は見込めます。チャレンジすれば道は開けるかもしれませんよ。

このライセンスを持っていれば、非常に多くのシーンでダイバーの手助けをすることができます。趣味を仕事にしたい! という方にもおすすめの資格といえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年4月5日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビングライセンスの種類~PADI編~

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ