コンタクト・眼鏡をつけたまま潜れる?

視力の悪い人でも、もちろんダイビングを楽しむことはできます。しかし、海は危険でいっぱいです。さまざまなトラブルを避けるためにも、視力を補強する器具を身につけてダイビングするようにしてください。ただし、眼鏡は危険です。専門的なゴーグルを買いなおす必要があります。陸上で使っている一般的なコンタクトレンズをつけたままダイビングをする人もいますが、これもあまりおすすめできません。

ゴーグルから水が入れば・・・

もし潜水中にゴーグルから水が入ってくれば、視力の弱い人はパニックに陥ってしまうことになります。コンタクトの場合はレンズが目から取れてしまいますし、眼鏡の場合も非常に視界が悪くなります。仲間のサインが見えない、危険生物の姿が見えない、計器の数値が見えないなどのトラブルが発生すると、致命的な事態に発展する可能性もあります。

度つきのゴーグルを推奨

それでもコンタクトレンズをつけたままダイビングする人もいます。特に法的な問題があるわけでもありませんが、やはりリスクが大きくはなります。ゴーグルにも度つきのタイプがありますから、それを購入して海に潜るようにしましょう。ゴーグルごと紛失しない限り、トラブルに巻き込まれるリスクもありません。レンズにもいろいろな種類がありますから、たとえば少し乱視が入っている方でも、問題はありません。

度つきのゴーグルは少し高価ですが、「安全を買う」という意味でも、視力の弱い人には必須のアイテムです。海の美しい生物たちと戯れ、サンゴ礁を心ゆくまで味わうためにも、この点に出費を惜しんではいけません。度つきゴーグルを作成してくれるお店はたくさんありますから、ネットやダイビング雑誌を使ってあなたの近くの店舗を見つけてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年3月13日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A 体の疑問

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ