エアーに異臭

ファンダイビングを経験したことのある方なら、一度は経験することがあります。ショップからレンタルされたエアーに異臭が混じっていた、という本来ならありえない経験です。潜水中は、エアーを吸わなければならないのに、これではたまったものではありません。

原因は、エアーの充填中に何らかの原因で臭いの元となる物質が混じったことです。業者によっては、充填機を設置している部屋のドアを開けっ放しにして使っているところがありますから、くれぐれも気をつけましょう。排気ガス入りのエアーなど吸いたくないでしょうから。

対策方法は、タンクのバルブをほんの少しだけ開けて、その匂いを嗅いでみることです。無味無臭なら大丈夫です。もし、異変に気づいたら、即座に交換を求めましょう。また、テッシュペーパーを使ってタンクの中にサビが浮いていないかを点検する方法もあります。数分間かかりますが、ほんの少しバルブを開けて、テッシュペーパーに色がついていないことを確認しましょう。業者は嫌な顔をするかもしれませんが、安全確認は顧客の当然の権利です。

沖縄のパック旅行などで、激安をうたっているツアーの場合、質の悪い業者に当たると最悪です。事前に調査して、そのショップの履歴も探ってみましょう。ダイビングは、安全が担保されてこそのレジャーです。しっかり自己防衛に努めましょう。

Tags

2013年7月19日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A

体験ダイビングをしてからでないとライセンスの講習は受けられませんか?

体験ダイビングは、特にライセンスの取得とは直接的な関係はありません。もちろん経験しておいて損になることはありませんが、それによってライセンス取得が優遇されるわけでも、講習費用が割引になるわけでもありません。体験ダイビングには、「水深8メートルまでしか潜れない」「30分程度しか潜れない」などの制限もあり、ライセンス取得後の自由度から考えると、比較にならないほどささやかな経験になります。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年5月4日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A ライセンスの疑問

初めてのダイビングのライセンスはどれを取得すればいいですか?

はじめてのダイビングライセンスには、スクーバ・ダイバーか、オープン・ウォーター・ダイバーがおすすめです。ライセンス自体のレベルは高くありませんが、これだけでも十分に海の世界を楽しむことができます。もっとアドベンチャー性の高いダイビングを楽しみたいならば、よりランクが上のライセンスの取得を考えなければなりません。しかし初心者のスキルで無理なく獲得が目指せるのは、この2つが一般的なところです。

ライセンスは徐々にステップアップしていくことができます。焦らず、ゆっくりと海での経験を積んで、「もう準備は万端だ!」と思ったところで上位ライセンスを狙いましょう。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年5月3日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A ライセンスの疑問

天候が悪くても潜れるの?

ひどい雨が降っていたり、風が強かったりするときには、決してダイビングをしてはいけません。海の中だから問題はないんじゃないか、と考える人も多いかもしれませんが、外の天候はもちろん海中の状態も左右します。天気が悪い日には波が高くなり、水中の海流も激しくなります。特に初心者にとっては、悪天候時のダイビングは非常に危険です。

もちろん外は快晴でも、海のコンディションが悪い日もあります。波が強かったり、不穏な雰囲気を発している海には、決して潜ってはいけません。海流に揉まれて遭難してしまっても、天候が悪ければなかなか海上保安庁も動いてくれません。長時間海を漂っていれば体も冷え、体力もなくなり、命がじわじわと削られていくことになります。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年5月2日 | Comments Closed |

Category:ダイビングに関する疑問 ダイビング初心者のためのQ&A

子供も一緒にダイビングに参加することはできますか?

10歳以上の子どもでなければ、原則的に海に潜ることはできません。体がまだ十分に発達していない状態ではタンクを背負うことも難しく、水中での行動も非常に危険です。ライセンスを取得するまでは、「見学」という形でツアーに参加することになります。

しかしダイビングには基本的に法的な束縛がありません。PADIなどの指導団体は「ダイビングは10歳以上から」と規定していますが、このルールを破れば何かペナルティがあるというわけではないということです。そういう意味では、ダイビングは万人に開かれたスポーツです。体に障碍があっても、子どもでも、お年寄りでも、自分の意思で海に潜ることができます。ただ国家レベルで「安全」が保障されていないというだけのことです。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年5月1日 | Comments Closed |

Category:ダイビングに関する疑問 ダイビング初心者のためのQ&A

生理のときも潜れるの?

女性のダイバーも非常に多くなってきています。体力的に男性より劣ってしまいますが、海では浮力も味方してくれますから、体の柔らかい女性の方が動きやすいかもしれないというセオリーもあるようです。しかし女性ダイバーの敵は、やはり生理ですよね。

結論から言えば、生理のときはダイビングを控えた方が良いでしょう。その理由については、生理の身体でプールに入らないのと同じです。それに体調に不安を抱えたまま潜ると予期せぬ事態に巻き込まれたとき、本来の力が発揮できず、独力で難局を切り抜けられない可能性もあります。水中でも自己管理はきちんと徹底して行動するようにしてください。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年4月30日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A 体の疑問

日焼け対策はした方がいいですか?

ダイビングは海の中に潜るものだから、日焼け対策はいらないだろう、と考えている人もかなり多いようです。しかしその考えは間違っています。水中にも光(紫外線)は差し込みますし、長時間泳いでいれば驚くほど日焼けしてしまいます。もちろんダイビングは船の上で移動する時間も多く、そこでもかなり肌にダメージは蓄積されます。

特に女性の方にとっては、日焼け対策は欠かしたくないところです。しかし、陸上用の一般的なクリームでは、日焼けを防ぐことはできません。専門的な日焼け止めを買わなければなりません。それほど高いものでもありませんから、出費を惜しんではいけませんよ。しかるべきケアをしないと、年をとってから肌がボロボロになってしまうかもしれません。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年4月29日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A 体の疑問

講習に通う前に審査はあるの?

ダイビングは場合によってはとても危険なスポーツになります。肉体的な発達状況によっては、不慮の事態を切り抜けられないこともあります。各ライセンスの取得においては「○○歳以上」と定められていることも多く、年齢制限をクリアしなければ講習に参加することはできません。しかしその他には、よほどのことがない限り老若男女のすべてがダイビングにチャレンジすることができます。審査、というほどのものは特にないようです。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年4月28日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A 講習の疑問

ライセンスは講習を受講していれば誰でも簡単に取得できるの?

ダイビングライセンスの取得はそれほど難しいことではありません。誰にでも簡単に取れる! とは言い切れませんが、適性があれば比較的安易に取得は可能です。自動車免許の取得ほど難しくもなく、時間もお金もかかりません。原付免許の取得と同程度と考えておくといいかもしれません。学科試験と実技講習があり、所要時間も2日程度です。

費用はおよそ7万円から8万円。「高いな・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが一度ライセンスを取ると更新の必要もありませんから、それだけの出費で一生海に潜ることができる「権利」を買えるわけです。そう考えれば、お得な免許とも言えます。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年4月27日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A ライセンスの疑問

ダイビングライセンス取得にかかる費用はいくらくらい?

ダイビングのライセンス取得には、たとえばPADIのオープンウォーターコースならば7万円~8万円程度の費用が必要となってきます。この中には器材のレンタル費用や講習時のテキスト代(DVD含む)、そして実地講習の費用も含まれています。ダイビングショップや指導団体によって異なりますが、大体はこの辺りが相場のようです。

ときどき「5万円ぽっきりで取れる!」と宣伝しているところもありますが、その場合はサービス内容をきちんと確認しましょう。宿代やレンタル費用が別途必要になっているかもしれません。また、あとから高額な機材を買うことを条件に、ライセンス取得の費用を下げている場所もあります。じっくりと考えてから、スクールを選んでくださいね。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年4月26日 | Comments Closed |

Category:ダイビング初心者のためのQ&A ライセンスの疑問

このページの先頭へ