海洋講習の進め方と注意点

海洋講習は、別名オープン・ウォーター・ダイブとも呼ばれます。いくつかのセクションに分かれて、学科講習で習ったこととプール講習で身につけたスキルを、順序良く実践していくことになります。これまでの積み重ねが問われる講習といえるでしょう。

海洋講習においては、「楽しむ心」もとても重要な要素となります。せっかく海に出たのですから、海中散歩や生物の観察も、思い切り味わってしまいましょう。もちろん夢中になるあまり、インストラクターの指示を無視するなどの危険な行動は禁物ですよ。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年3月5日 | Comments Closed |

Category:ダイビングスクールの講習内容

海洋講習ですること

しかるべきダイビングの知識を得て、プール講習で器材の扱いなどに慣れてくれば、ようやく海に出ることになります。心が弾むのもわかりますが、初心者が海に潜るのはとても危険なことだという意識も消してはいけません。もちろんルールを守って落ち着いて行動すれば危険を遠ざけることもできますが、不慮の事故が起こることもありえます。

インストラクターの指示をよく聞いて、勝手な行動は慎むようにしましょう。1人が事故に巻き込まれれば、その対応にあらゆるダイバーが右往左往することになります。責任を持って行動ができれば、海洋講習はとても勉強の一部とは思えないほど充実した経験となるはずです。海中世界を眺めれば、きっとライセンス獲得への意欲も奮い立つでしょう。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年3月4日 | Comments Closed |

Category:ダイビングスクールの講習内容

プール講習の進め方

プール講習はPADIのダイビングライセンス取得の第二段階となります。学科講習でしかるべき知識を身につけた後、そのセオリーを水中で実践するための課程です。水の中に浸かる作業ですから、当然いくらかの危険は発生することになります。インストラクターのレクチャーをよく聞いて、慎重な行動を心がけるようにしてくださいね。

ちなみにプール講習は、レッスンを受けるスクールによっては、限定水域で行う可能性もあります。限定水域とは、海の浅瀬のことです。沖縄などの海は、たとえ浅瀬であれとてもきれいです。きっとこれが「勉強」であることを忘れて講習に熱中できるはずです。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年3月3日 | Comments Closed |

Category:ダイビングスクールの講習内容

プール講習ですること

ダイビングスクールの実地講習においては、海に出る前にまずプールで演習を行います。危険の少ないプールで器材の扱いに慣れ、器材を背負っての潜水に慣れる目的があるようです。プールといっても、学校で泳いだ浅いプールでも、アドベンチャー系の流れるプールとも違います。より専門的な、ダイビングに特化した深めのプールを使うことになります。地面に足がつかない水中での泳ぎ方について学ぶのには最適なロケーションです。

プール講習とは言え、慣れない器材を背負って水中に潜ることは、特に初心者にとっては非常に危険な行為でもあります。無理を感じればすぐにインストラクターに申し出るなど事故を未然に防ぐための注意は欠かしてはいけません。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年3月2日 | Comments Closed |

Category:ダイビングスクールの講習内容

学科講習で習うことと進め方

PADIでは学科講習のことを、「知識の開発」と呼んでいます。その名の通り、海で安全に楽しく行動するための知識を身につけるための課程となります。学科講習を受けずにライセンスを取得することはできません。車を運転するときにボンネットの中の機械について知識がないとトラブル発生時に困るのと同じです。いざというときのために、ダイビングにおいてもいろいろなルール・教養を頭に入れておかなくてはなりません。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年3月1日 | Comments Closed |

Category:ダイビングスクールの講習内容

学科講習の内容

ダイビングのライセンスを取るときには、自動車学校と同じように実技に加えて学科の講習を受ける必要があります。海の運動は、場合によっては知的な種類もあります。たとえばレギュレータの数値の読み方や減圧などへの対処は、すべて頭でこなす作業です。知識の不足があると、それがそのまま深刻なトラブルに繋がってしまうこともあります。

海には海の法則があり、約束事があります。アメリカ人と話すときに英語が必要不可欠なように、海の世界に馴染むためにもある程度以上の知識は絶対に必要です。面倒なことのようではありますが、ダイビングスクールでは学科の勉強にも力を入れましょう。

Read the rest of this entry »

Tags

2013年2月28日 | Comments Closed |

Category:ダイビングスクールの講習内容

このページの先頭へ