スペシャルティ・ダイバー

スペシャルティ・ダイバーは、アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーより1ランク上のライセンスになります。とは言え、取得自体はそれほど難しいものではありません。それなりにダイビングの経験を積んでいる人なら、容易にステップアップが狙えるレベルです。スペシャルティ・ダイバーになるためには、実に23種類のアドバンスド・ダイビングのうち、いくつかを経験しなくはなりません。中には危険も伴うものもありますが、講習自体もスリリングで、遊び心を持って楽しむことのできる内容のようです。

スペシャルティ・ダイバーとは

より深く専門的な知識を持ち、ダイビングのテクニックに習熟した者だけが取得できるライセンスです。この辺りから、「通のダイバー」として認知されるようになります。もしPADIのレスキュー・ダイバーの資格を持っているなら、5種類のダイビングを受講するだけで、申請が可能です。いっそうダイビングの世界にのめりこみたい人は、ぜひ取得を考えてみてください。見える魚の種類や遊びのバリエーションも豊富になります。

スペシャルティ・ダイバーの講習コース

まずは水中ナチュラリスト 、水中ナビゲーター、 器材(エキップメント)、 ボート・ダイバー 、ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー 、ドライスーツ・ダイバー、 PADIレクリエーショナル・サイドマウントダイバーなどが基本スキルを磨くためのプログラム。さらに活動範囲を広げるための、ナイト・ダイバー 、ディープ・ダイバー、マルチレベル・ダイバー、ドリフト・ダイバー、アルティチュード(高所)・ダイバーなどのコースがあります。このうち人気のコースは、何と言ってもナイト・ダイバー。夜の海中世界は、昼の眺めとは一変します。娯楽感覚でライセンス取得を目指してみましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年4月21日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビングライセンスの種類~PADI編~

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ