お店の雰囲気をチェックしよう

ネットで見つけたお店でそのまま予約することも悪くはありません。しかし時間的な余裕があれば、実際のお店の雰囲気もしっかりと確かめておきたいところです。ネットのホームページは、言わば虚飾の世界です。いくらでも綺麗事を並べることができますし、写真なども専用のソフトで軽く修整できます。やはり現場のムードは掴んでおくべきでしょう。

どんなお店がいいのか

良いダイビングショップとは、まず見た目がとてもキレイです。客商売ですから、提供するサービス・中身にこだわっているお店は、きちんと外見も装います。しかし、比較的真新しい大手のお店ならば安心というわけでもありません。余計なサービスをつけて、個人営業のお店と比べて法外な料金を取るダイビングショップもあります。

良いダイビングショップを選ぶためには、やはり労を惜しまずに現地の人に聞いて回るのがいいかもしれません。沖縄の海を観光がてら、現地の人とさまざまな形で交流する一端で、「そう言えば・・・」という切り口でさり気なく聞き出してみればいいでしょう。沖縄の島民は心の温かい人ばかりです。礼節を守れば、きっと親切に教えてくれるはずです。

どんなお店が悪いのか

悪いお店はネットでも見分けることができます。ずばり、ホームページに広告が多いお店です。そういった過剰な営利主義のお店では、よくトラブルも発生します。相手の不手際で事故が起きても、お金を返金してくれないことも多々あります。

現地でお店を訪ねまわるときは、プランや料金についてきちんと問い質すようにしましょう。悪質なお店は、そういった質問にはっきりと答えることができないはずです。反対に事務的なこともすらすらと回答してくれるお店は、信頼が置けると判断してOKです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

2013年2月27日 | Comments Closed | TrackBack URL |

Category:ダイビングショップを選ぶポイント

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ